とらちゃん、青空へ

とらちゃん、今日も青空だね。
暑くなりそうだね~


・・・・

残念ですが、とらちゃんはもうここにはいません。

2017年7月26日(水)午後4時頃 永眠いたしました。
我が家に入って、丸6年を一緒に過ごしました
推定14or15歳だったのでは・・・と思います。
しんみりした記事になりますが、よろしかったらお付き合いくださいませ。


20170730b.jpg

7月12日の記事で、ちゅーる生活になるまでを書きましたが、それ以降のことを少し追記しておこうと思います。

14日の通院で右側の腎臓に腫瘍が発見されました。

たぶん、とらちゃんの体のなかで他にも色々なことが起こっていたのだと思います。

その後、気管(肺)が原因と思われる容体の悪化はなかったです。。
呼吸は最後まで穏やかだったのが、本当に救いでした。


腎臓の腫瘍がわかってから、徐々にちゅーるを口にする量も減っていき、スポイトでちゅーるの液状のものや高栄養ミルクを口に含む程度になり体重もさらに減っていきました。
それでも旅立つ2日前の24日までは大好きなブラッシングをねだりにそばに来たり、お水も自力で飲みに行きトイレもがんばっていました。

25日は足が踏ん張れなくなって、寝たきり状態になります。
それでも寝返りはできていました。
毎日ひとつずつ出来る事が減っていくことは寂しかったですが、それでもできることをみつけてとらちゃんの体をなでてあげながら励ましてあげました。
午後に少し体が冷たくなりかけたように思い、慌ててさすってあげて「じいやは夕方に帰ってくるからもう少しがんばろうよ!」と声をかけていたらまた意識が戻って、ああ、戻って来てくれた・・・と安堵した瞬間もありました。

25日の夜からは何かあったらすぐ対応できるように・・・と、とらちゃん、もーちゃんの部屋で一緒に寝ていました。
うつらうつらとしながら様子をみていましたが、とてももーちゃんがお世話をしてくれていて改めて驚きました。
特に悪化することもなく安定した様子でしたが、それももーちゃんのおかげなのかな・・・と。

26日の朝、じいやがとらちゃんにお水を飲ませてあげようとしていたようですが、やはり様子がしんどそうに思えたのだと思います。

はじめて「とらちゃんに、もしものことがあったらどうするの?」と相談されました。
それまで、とらちゃんはがんばっているのだから、もしもの時の準備はまだ考えない・・・と思っていましたが、確かにその準備を考える時期が来ていると思いました。

頼れる方に相談をし、2人で考えをまとめました。

午後からはなるべくそばにいてあげようと思い、ひざに抱いてあげて腕や足をさすってあげたり体をなでてあげたり・・・
午後2時過ぎに、「1階に用事があるから、とらちゃんちょっと待っててね・・・」と声をかけて立とうとすると、「うん・・・」と返事をするようにめずらしく鳴いてくれて、「大丈夫?」ともう一回聞くと「うん・・・」と言ってくれました。少しなら大丈夫かな?と1階に行っていたのですが・・・

ふたたび、2階に戻ってきた時には、もう息を引き取ってしまっていました。
たぶん午後4時過ぎに旅立っていたのだと思います・・・。


息をしていないとらちゃんはなんだか不思議でした。
6.2キロあった体重が最終的には3.5キロくらいまで落ちましたが、ブラシ好きだったせいか最後まで毛艶良く、おだやかな表情でしたので、もしかしたらまだ息をしているのでは・・・としばらく見つめてしまいました。

比較的元気なころからも、ヘルペス持ちで、すぐに鼻がかぴかぴになるし、通院する時もなにかと大変なことも多かったですがそれ以上の辛い所を見せないという、あまりの気高い最後に本当に猫はすごいなと思いました。

無邪気で人懐っこくて、人にも猫にも好かれた猫(子)
だから家にも入ってもらって、最後まで一緒にいてあげようとも思いました。思いのほか写真を撮られることも好きで、雑誌に載せていただいたり、カレンダーの表紙にしていただいたり。
庶民派?猫として私達も自慢でした。

もう、青空の向こうに行ってしまいましたが、朝写真に向かって「とらちゃん。おはよう」と声掛けてしまいますし、もーちゃんも「家の中にはいないけど庭にいるんでしょ?」と言った感じに見え、その気配はしっかりとあります。

寂しい気持ちと、してあげられることはこれ以上はなかった・・・という気持ちが交錯して、まだなんだか力が入らない日を送ってはいますが、少しずつまた3猫の生活を考えていこうかなと前を向きつつあります。

もーちゃんと、みーちゃん・ちーちゃんとの生活をまた私たちなりに考えて行かなければなあと。
とらちゃんからもらった宿題のように感じています。

生前、かわいがってくださりお世話になった皆様、本当にありがとうございました。
またこのブログでも思いだしたようにとらちゃんの写真をupしたりすると思いますが、その時はどうぞ思いだしてやってください。

・・・ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました



20170730c.jpg
2017年7月20日 撮影




コメントの投稿
非公開コメント


とらちゃんのご冥福お祈りします。

とらちゃんのネコまるカレンダーの表紙は最高でした。
それから、お庭でもーちゃんと二階建てハウスに収まってる写真も忘れられません。

とらちゃん、またね。

猛暑が続きますが、ご自愛ください。

そうですか、とらちゃん虹の橋を渡られましたか…。
ここ数日、変な胸さわぎがしてました。
わたしも、ガックリきて力が入りませんよー。
最後のとらちゃんの写真、澄んだ目をして、いい顔してますね。
この写真がすべてを物語ってるなぁと思ったら、涙がこぼれました。

とらちゃん、ゆらさんちの子になって、もーちゃんという相棒にも恵まれて、しあわせな猫生だったと思います。
もーちゃん、さびしくなるわね…。

ゆらさん、ほんとうにきめ細かくお世話されました。
お疲れさまでした。


No title

とらちゃんのご冥福をお祈りします。
ゆらさんと旦那様に見守られて、もーちゃんにお世話されて、安心してお空に旅立ったと思います。

とらちゃんといえば、顔を足蹴にされている写真が忘れられません。
その外猫の茶トラさんが、いつのまにかゆらさんちの猫になっていてびっくりしたものです。

前にとらちゃんにも会わせていただいたときには、もーちゃんとのラブラブな様子や、おしりとんとんをねだるひとなつこさに顔がゆるみっぱなしでした。
とらちゃん、ほんとにいい子でしたね。

もーちゃん、ゆらさんご夫妻のさみしさ、お察しします。
でもお空からきっと見守っているはず。
まだまだ暑さが続きますが、ご自愛ください。

とらちゃん やすらかに

とらちゃん、最後までゆらさんご夫妻と一緒に穏やかに過ごせたとのこと、何よりだったと思います。
どうかやすらかに。
看病お疲れ様でした。暑い日が続きますので、どうぞご自愛くださいね。

No title

とらちゃん、最後までがんばったのですね。
お話しを読ませていただいて
いい子だね、えらかったね!とらちゃん!と涙があふれます。

とらちゃんはゆらさんに引き取られて、
本当に幸せな猫生でしたね。
そして、かわいらしいキャラクターで私たちにたくさんの笑顔をくれましたね。

猫は、お別れのときに、
飼い主さんに見守ってほしい派と
見られたくない派に分かれるそうです。
そして、ちゃんと自分でその時を選ぶのだそうです。
とらちゃんの「うん・・・」は、
必ずわかっていて「大丈夫だよ!ありがとう」って
ゆらさんにしっかりとご挨拶したのだと思います。

お寂しいですが、どうかお力落としのないように。
お疲れの出ませんようにご自愛ください。

とらちゃんのご冥福をお祈りいたします。

No title

びっくりしました。とらちゃんのご冥福をお祈りします。
優しくてかわいくてみんなに愛されるとらちゃん。
大切な家族に出会えて
みんなに大事なものをもらって与えて
すごいね、とらちゃん。
私もとらちゃんの写真を見てにこにこをたくさんもらいましたよ。ありがとう。

ゆらさん、旦那様、疲れさまでした。
本当に大切に大切にお世話されていたのですね。
まだ暑い日が続きそうです。
どうかご自愛ください。


No title

ちょっとバタバタしてて久しぶりに覗いたら・・・
とらちゃんのご冥福をお祈りいたします。

寂しいですねぇ~
中々言葉が出ませんが、お空の上からゆらさん達を見守っていると思います。
どうぞ、ご自愛くださいね。
★ プロフィール ★

ゆら

Author:ゆら
イベントには「はやしみほこ」で参加しています。
大阪在住
2005-2015まで写真家「八二一(はにはじめ)」さんの講座を受講

猫イベント関連に随時参加しています

・「Greendays~ねこ便り」はリンクフリーです
・サイト内の画像・文章の著作権は「ゆら」にあります。
・画像をダウンロードしてWebサイト・ブログ、印刷物等へ 転載することはお断りしています。

・コメント、トラックバックは承認制です

 主なポストカードはホイマイギャラリーさんでお取扱いしていただいています (2012.5月~)


★うちの猫達★
みバナー.jpg
みーちゃん 雑種(♀)
2002年7月生まれ(推定15歳) 2004年隣のマンション建設現場に入った工具泥棒を教えてくれたのをきっかけに、我が家に引きとる。 おっとりしているようで姐ご気質。お客様いつでもウェルカムのフレンドリー長女。
ちバナー.jpg
ちーちゃん 雑種(♀)
2007年1月生まれ(推定10歳) 近所の神社で2008年12月位から見かけるようになる。撮影にでかけるたびにばあやに猛烈アタック。2009年7月我が家の次女になる。 活発だが、案外ビビリ。
とらバナー.jpg
とらちゃん 雑種(♂)
2002年生まれ? (推定15歳) 2008年秋頃から我が家の庭に現れる。2011年7月、我が家に引きとる。猫エイズ陽性。2014年全顎抜歯。 食欲旺盛な甘えん坊。もーちゃんにがぶがぶされても優しい兄貴 エイズは発症せず天寿を全うして、2017年7月26日永眠

もバナー.jpg
もーちゃん 雑種(♂)
2009年7月生まれ (推定8歳) 2010年2月、先に庭にいたとらちゃんがどこからかスカウトして我が家の庭にやってくる。やって来た頃はガリガリでダニ?のせいでハゲをこさえていたのに、みるみるまんまるに。2011年7月に我が家に引きとる。エイズ陽性 おでこごっちん、だっこが大好きな甘えん坊
★ 旧々&旧ブログ ★
旧々ブログ:
みーちゃん親子日誌
2004年7月~2009年8月まで
旧ブログ:
みーちゃん・ちーちゃん日誌
2009年9月~2017年1月20日
★ 個展★
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
Instagram
コメントありがとうございます♪
訪問数
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
リンク集(HP・ブログ)